開催概要

総会日時:2017年6月17日(土)
総会会場:浅草ビューホテル
演題募集:下記をご参照ください。
参加費:10,000円
言語:国際外科学会の日本部会ですので抄録・発表・質疑応答もすべて英語です。
ただし英語の苦手な先生でも質疑などは司会の先生がお助けします。
また発表後にコメンテーターから抄録や発表の改善点などの指摘をコメント用紙で差し上げます。


発表資料の事前受付について

発表用スライドの事前登録は締め切りました。 ご協力ありがとうございます。

※演題登録済み、及び会場設置の発表用PCをご利用される先生方を対象とします。会議の運営をスムースに進めるために、
発表用スライドの事前受付にご協力ください。


事前登録対象の先生
・第63回国際外科学会に演題を申請された先生
・当日、ご自分のPCを持ち込まず「会場で用意したPC」をご利用して発表される先生

発表用スライドの事前受付の手順:
(1) こちらのフォームより事前登録のエントリをします。
(2) フォームへの登録を行うと、画面上に資料登録用URLとパスワードが表示されます。このURLとパスワードで、発表用スライドの事前アップロードが可能となります。
表示されたURLとパスワードを記録し、保管してください。なお、この内容は登録時のメールアドレスにも送信されます。
(3) 資料の登録方法:
発表用スライドが完成しましたら「登録方法詳細」の手順に従い発表用スライドのファイルを登録(アップロード)してください。
※「登録方法詳細」はこちらをご参照ください。
なお、ファイルサイズは500MB程度までを上限として、それ以上のファイルの場合は、事前登録せずにCD-RまたはUSBメモリにて会場にご持参ください。
事前登録されたファイルは、事務局で収集し、 発表用PCの中に予めセットいたします。 データファイルの取り扱いには十分注意しますが、念のためバックアップ用としてCD-RまたはUSBメモリにコピーしたファイルを一式お持ちください(受付時に提出する必要はありません)

ファイル登録締め切り日:2017年6月10日


発表者へのご案内

以下の内容はこちらのページから印刷できます。

発表にご使用いただけるパソコン
Windows: 会場にはWindows10、PowerPoint2013のPCをご用意いたします。 発表用スライドのデータファイルはCD-RまたはUSRメモリに記録してご持参ください。 また、PC本体のお持ち込みも可能です。 発表データに動画を含む場合、 PCをお持ち込みいただくことを推奨いたします。
Macintosh: PC本体をお持ちください。 Macintoshで作成されたデータファイルのお持ち込みには対応できませんので、ご注意ください。
発表データの作成について
(1) 発表データはPowerpoint2003/2007/2010/2013のいずれかで作成してください。
(2) 発表用スライドのファイル名には、Group number、氏名を入れてください。
(3) Windowsに標準搭載されているフォントのみご利用可能です。
(4) 発表データ中にビデオ映像などの動画を含める場合、 動画はWindowsメディアプレイヤーまたはQuick Timeで再生できる型式としてください。 なお、動画付きの発表については、ご自身のPCにて発表されることを推奨いたします。
(5) データをご準備いただく際、データを作成したPC以外のPCでも正常に表示できることを事前にご確認ください。
(6) Macintoshで作成されたPowerPointファイルをWindows用に変換する場合、 文字化け、文字、図、表のずれ、グラフなどの不正確な表示、プレゼンテーションデータ全体のはみ出し、などが発生し、正しく表示できない場合がありますので、ご注意ください。
(7) スライド、動画データからの音声出力には対応しておりませんので音声無しのデータを作成してください。
PCデータの受付
(1) 事前受付された先生については当日のPC受付は必要ありません。 事務局にて事前にご提出いただいたファイルを会場のPCに予めセットいたします。 なお、PC持ち込みへの変更、ファイル差し替えをご希望される先生は、当日PC受付にてその旨をお伝えください。
(2) PCデータを当日提出される先生は、発表1時間前までにPC受付で受けつけをお済ませください。また、早朝の発表の先生方は発表の30分前までに受付をお済ませください。 なお、早朝の受付は混雑が予想されますので、参加受付の前にPC受付を済ませてください。
受付時間:7:30~16 : 00
(3) 発表データの提出は、会場入り口のPC受付で行ってください。 必ず、事前に試写、動作確認をしたデータをお持ちください。
(4) データファイルはCD-RまたはUSRメモリに記録してご持参ください。
(5) ご持参するメディア(CD-RまたはUSB)には発表データ以外のデータは記録しないでください。
(6) Macintoshで作成されたデータのお持ち込みには対応できませんので、ご自身のPCをお持ちください。
(7) メディアはウィルス定義データを最新のものに更新された状態のセキュリティーソフトで、ウィルスに感染していないことを事前にご確認の上、お持ちください。
ご自身のPCを持ち込む場合
(1) 受付でPCの出力をご確認いただいた後、ご自分の3セッション前にPCオペレータ席に、発表データを開いた状態で、PCをお持ちください。 なお、発表の3セッションより前にPCをお預かりすることはできませんのでご注意ください。
(2) パソコンのACアダプター、外部出力用変換ケーブルは、必ずご自身でご用意ください。
(3) 会場でご用意するPCケーブルコネクタの形状はD-sub 15ピン(ミニ)です。HDMI出力、Display PortなどのPCをお持ち込みの場合は、VGA(D-Sub15ピン)への変換コネクターを必ずご持参ください。
(4) スクリーンセーバーならびに省電力設定は事前に解除してください。
(5) スリープからの復帰時および起動時のパスワードは解除しておいてください。
(6) ご自身のPCと共に、バックアップ用のデータ(USBフラッシュメモリー、CD-R)をご持参ください。
発表
(1) 発表開始時にはスライドの1ページ目をスライドショーの状態でスクリーンに投影します。 発表の際には、演台上のマウスを操作してプレゼンテーションを行ってください。
(2) 演題上には小型の液晶モニタを設置いたしますが、 その液晶モニタには会場スクリーンと同一画面が表示されますので、「発表者ツール」はご使用いただけません。
(3) ご自身のPCをお持ち込みされた場合、発表が終了しましたら速やかにPCオペレータ席にPCを受け取りに来てください。
その他
(1) 発表のためにお預かりしたデータは総会終了後に当事務局が責任をもって消去いたします。
(2) PC受付後のデータの修正はできませんので、ご了承ください。